永久指名おねがいします![68話]最新話「嬉しさと不安」ネタバレ感想 恋するソワレ最新刊7月6日を無料で読む方法!!

漫画のネタバレ感想

永久指名おねがいします![68話]最新話「嬉しさと不安」のネタバレ感想

本記事では永久指名おねがいします![68話]最新話「嬉しさと不安」のネタバレと感想をまとめました!

なお、本ネタバレは【文字のみ】のみですので、
女性漫画雑誌「恋するソワレ」の最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【永久指名おねがいします![68話]最新話「嬉しさと不安」のネタバレ】

*登場人物
嶺岸十和子 主人公。20歳。兄のマキと二人暮らしをしていた。引きこもりで、家で家事をしている。人見知り。買い物はインターネット通販で済ませていた。料理が上手。要領が良い。

蓮次(十時蓮) No.1ホスト。オネエキャラでバイ。左目の下に泣きぼくろがある。左耳に4つ、右耳に3つピアスをつけている。友達になってからは、十和子から「蓮次殿」と呼ばれている。

息吹 ホスト。ロイヤルのエース。18歳。里央の母親違いの弟。

里央 ホスト。25歳。中卒。身長は低め。息吹の母親違いの兄。

*あらすじ
引きこもりの十和子は、両親が遺した家で兄のマキと二人暮らしをしていた。ある日兄が勤めるホストクラブの先輩の蓮次、里央、息吹の3人が入り浸るようになる。始めは3人に対し悪い印象しかなかった十和子だったが、次第に打ち解けていった。蓮次と親しくなっていくうちに、十和子自身の意識も変わっていく。十和子の恋と自立、成長の物語。

~本編~

コテージに到着した一行

「…広いですね」

テラスも広くて

すぐそこに海の見える絶景だった

日が落ちかけていたため泳ぐのを断念するリオ

軽く食べに行こうかとリオが提案するがすでにみのが眠りの中に

すかさず十和子が残ると言い出した

気を遣わせないよう移動で疲れたからという十和子にモエはすんなり託した

そんな様子を蓮次は見つめていた

みんなが出て行った後

眠るみのの横でひとりため息をつく十和子

こんな

みんなと

そして久しぶりに会う蓮次と旅行なんて

まだ夢の中にいるみたいだと感じた

浮かれて墓穴を掘ることがないよう気を付けなければと言い聞かせた

一方_____

食事を済ませた一行は浜辺を散歩していた

「リオ ちょっとは気を利かせなさいよね」

貴重なマキとの時間なんだからと怒るモエをよそにぼっちになるのが嫌だというリオ

「蓮次は部屋帰るし 息吹はかおりちゃん連れて二人で行っちゃうし…」

浜辺の向こうに見える二人を見て

モエがあの二人は付き合ってるのかと聞いた

よくわからないと答えるリオにかおりは蓮次の彼女だと思っていたと言うマキ

そんなマキの鈍感さにドン引く二人

Sponsored Links
Sponsored Links

息吹の恋愛事情を知りたがるモエについつい喋りすぎたリオが言葉を濁すと

「やるか 女子会」

何かを企むモエに

リオは女の子を連れてこなくてよかったと安堵するのだった

_____

何かの気配で目が覚めた十和子

目の前には蓮次がいた

「ごめん 起こしちゃったわね」

慌てて飛び起きる十和子に疲れているなら休んでていいと優しい言葉をかける蓮次

「何か飲む?」

咄嗟に自分がやると立ち上がる十和子だったが

座っててと促されるまま紅茶を入れる蓮次の姿に見とれていた

蓮次の入れた紅茶がおいしくて思わず写真を撮りたいと言い出す十和子に蓮次はクスクスと笑った

そんな様子に十和子は

自分はみんなと旅行に来れたことで浮かれていると謝るのだった

「それは私もよ」

だけどこれが二人きりならもっと嬉しかったと言う蓮次

「いつか二人でも旅行に行きたいわね」

そういう蓮次に十和子は真っ赤な顔をしてそうですねと返した

ふと

こんな夢のような恋愛がいつまでも続くわけがないという不安がよぎる十和子

突然蓮次が

自分とのことでもし不安に思ってることがあれば

「些細なことでもなんでも言ってね?」

そういって十和子を抱き寄せた

そんなことありません!と力強く答える十和子

「はい!わわ私今!すごく幸せ!です!」

そんな十和子の頬を優しく包む蓮次

ならいいんだけどと言ってキスをしようとした____

すると目を覚ましたみのが喋りだした

「おはよう もうちょっとだけ眠ってくれててもよかったのよ?」

そういって蓮次は優しく抱き上げた

「ただいまー」

ちょうどそこに一行が戻ってきた

リオがマキとの時間を邪魔すると怒るモエをよそに

十和子は蓮次の言葉を思い出していた

____不安に思ってることがあったらなんでも言ってね?

何かを思い詰める十和子だった

以上、永久指名おねがいします![68話]「嬉しさと不安」のネタバレでした。

永久指名おねがいします![68話]最新話「嬉しさと不安」の感想

いかがでしたか?
楽しんでいただけたでしょうか?

いつか夢から覚めてしまうのではないか___

そんな思いのまま蓮次のそばにいる十和子が健気で切なくて…

遅かれ早かれきっと蓮次はそんな十和子の様子に気づいてくれるはず。そして私は更にもっとイチャラブい展開がみたいのです。笑

次回の永久指名おねがいします!69話は、恋するソワレ8号(8月6日ごろ)に掲載予定です。

以上、永久指名おねがいします![68話]「嬉しさと不安」の感想でした。

☆1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!☆   
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

カンタン!解約方法はこちら

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA