愛とかいいから抱きしめて[10話]最新話「交わる視線」ネタバレ感想 恋するソワレ最新刊8月4日を無料で読む方法!!

愛とかいいから抱きしめて[10話]最新話「交わる視線」のネタバレ感想

本記事では愛とかいいから抱きしめて[10話]最新話「交わる視線」のネタバレと感想をまとめました!

漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)

漫画のネタバレ 感想
漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)あいうえお順

なお、本ネタバレは【文字】のみですので、
女性漫画雑誌「恋するソワレ」の最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【愛とかいいから抱きしめて[10話]最新話「交わる視線」のネタバレ】

*登場人物
ゆり子 35歳独身。幼稚園の先生。

荘介 ゆり子が勤める幼稚園、園児の父親。

巧 幼稚園の理事長。

*あらすじ
「チャラにしてやろうか。――一晩つきあってくれたら。」35歳で独身のゆり子は、仕事と足の悪い父親の世話で淡々とした毎日を送っていた。職場の幼稚園ではお局扱い、家に帰れば言うことを聞かない父、もちろん結婚の予定なんてない…。どうせ自分はこの田舎で退屈な人生を全うするだけ――。そう思っていた矢先、不注意で車の接触事故を起こしてしまう。対応に困っていると、事故相手の男・壮介から“一回のSEXで無かったことにしてやる”と言われて…!? 流されるままに身体の関係を持つも、その男はまさかの園児の父親だった!? 更に、焦るゆり子の元に生意気な年下の理事長・巧がやって来て…? 恋愛を諦めた欠陥だらけの大人が送る、不器用な三角関係。

 

 

 

~本編~

美和はゆり子の家を訪ね幼稚園の盆踊りについて話していた

「今年は浴衣にしよーかなーと思って」

いつも浴衣には興味なさそうだったのにと言うゆり子に美和は顔を赤らめ今年で最後だからと濁した

 

 

盆踊り当日_____

「私は結構です!」

園では嫌がる理事長に浴衣を着せようと先生全員が躍起になっている

なんとか理由をつけて断るのを制し理事長の仕事の一つだからと言われ本人は渋々承諾
早速着替えるよう促されゆり子に手伝うようコンタクトを送る

 

 

「なんでこんな目に…」

 

ボヤく理事長に恒例だから仕方ないと冷静なゆり子
脱ぎはぎを淡々と行うゆり子の顎を掴んでみせると見る見るうちに真っ赤になる

 

その様子に安心した理事長は

「この間の意味わかってないのかと思った」

そう言われ何も応えられないゆり子は話を理事長の母親へ移す

 

「今どうされてるんですか」

 

4-5年前に孤独死したと言う

俺を産まなければあの人の人生はもっとマシだったのではないかと単純かつ冷静に言う理事長にゆり子は怒りを覚えた

今までの園の文集からひとつを抜き出し理事長に見ろと言わんばかりに差し出す

「理事長は感傷に浸りすぎです 母親ってのはもっとシンプルだと思います」

何が言いたいのか分からないというような顔でゆり子が部屋から出ていくのを見送った

 

文集を開くと磯貝真理子 自分の母親の写真を見つける
そこは園児たちが質問コーナーを設けたページで

“宝物は?”の答えは

“お腹の中の息子!”

さらには早く会いたいとすら追記されている

 

自分の考え方が間違っていたことに気付かされた_____

 

すると携帯が鳴り電話の主に待って欲しいと答える理事長

「何かそこを離れたくない理由でもあるんですか?」

そう問われふと外にいるゆり子に目をやる

 

「ゆり子先生」

 

呼ばれた方を振り返るとそこにはのんちゃんと吉永が立っていた

気まずい様子のゆり子を窓から見つめる理事長は電話を終え外に出ると吉永と真っ向から向かい合った

理事長の浴衣姿を見てお似合いですねとにっこり笑う吉永に苛立つ理事長はどうもとだけ返した

 

 

一方美和は最後になる浴衣を着て斗和を呼んだ先に新を見つけると頬を染める

すれ違いざまに微かに手の甲をすり合わせる二人
新は美和の耳元ですごくお似合いですと誰にも聞こえない声で囁いた

 

その頃ゆり子は子供たちと盆踊りを楽しんでいた

その様子を理事長と吉永はそれぞれどこか思いつめた様子で眺めている

すると吉永の横で柵によじ登っていた子供が落下しそうになり咄嗟に受け止めるとその子の両親が互いに責め始めた

吉永はとりあえず怪我はなかったし目立つ前に戻った方が良いと助言した

 

「かっこつけすぎ」

 

それを見ていたゆり子は吉永を事務所へ導き実はあの時強打していた胸を手当する

少し冷やした方がいいと言い残しその場から立ち去ろうとするゆり子に逃げるなと制した

 

「…俺重たい?」

 

元々そんなこと気にする付き合いでもないでしょと誤魔化そうとするが逃げるのは見て見ぬフリができなくなったからだと言い当てられる

 

そのままキスされそうになったところでいきなり理事長がそれを制した

以上、愛とかいいから抱きしめて[10話]「交わる視線」のネタバレでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

愛とかいいから抱きしめて[10話]最新話「交わる視線」の感想

いかがでしたか?( ఠ᎑ఠ )

めっちゃ取り合いじゃないですか!

理事長がここを離れられない理由は察しが付きますが吉永さん結構本気だったんですねー。いつもクールなのでちょっとそこんとこ不明確だったんですが(わたしの中では)…。複雑化してきて更に見逃せなくてなってきました♡♡

一方の美和はかなり新先生を意識し始めてきましたね。ラブな展開もすぐそこです♡♡
こちらもお楽しみにー!

次回の愛とかいいから抱きしめて11話は、恋するソワレ9号(9月5日ごろ)に掲載予定です。

以上、愛とかいいから抱きしめて[10話]「交わる視線」の感想でした。

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆