ゆびさきと恋々[2話]最新話「恋々へ」のネタバレ感想デザート最新刊8月24日を無料で読む方法!!

森下suu待望の最新作!ゆびさきと恋々[2話]最新話「恋々へ」のネタバレ感想

本記事ではゆびさきと恋々[2話]最新話「恋々へ」のネタバレと感想をまとめました!

漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)

漫画のネタバレ 感想
漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)あいうえお順

なお、本ネタバレは【文字】のみですので、
女性漫画雑誌「デザート」の最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【ゆびさきと恋々[2話]最新話「恋々へ」のネタバレ】

*登場人物
雪 大学生。聴覚障害をもつ。

逸臣 雪と同じ大学。世界を飛び回るバックパッカー。

*あらすじ
聴覚障がいがある雪は同じ大学の逸臣に助けてもらう。
自分に対し、自然に接してくれる逸臣を次第に意識しだして…?

 

 

 

 

~本編~

あの日から雪は何度も逸臣を思い出してはふわふわとしろい気持ちを積もらせていた

 

 

翌日りんから呼び出された雪

逸臣の連絡先を聞けたことを自分のことのように喜んでくれている

緊張した?と言う問いに思い切りりんの手を握り感情を伝える

 

何度も繰り返し見てしまうメッセージ

 

 

“俺を雪の世界に入れて”

 

 

物思いにふける雪にりんが携帯に打ち込んだメッセージを見せる

“うちの国際サークルよくこの辺集まるんだよー”

咄嗟に周りを見渡す雪の視界に入った逸臣の姿

綺麗な女性たちと話している様子にりんは慌ててさっきまでは男の人もいたから心配ないと身振り手振りしている

逸臣の口の動きは早かったけれどきっと日本語ではないことは雪にもわかった

そしてあのメッセージもきっと異文化交流の延長であって特別なものではないことも_____

 

去ろうとする逸臣を追うように立ち上がった雪だったが呼び止めるには距離が遠すぎる

察したりんが大きな声で逸臣の名を呼んだ

こちらを振り向いた逸臣と目が合った雪は頬を染めながら静かに手を振る

 

するとそのまま去ると思っていた逸臣がこちらに近付いてきた
りんに自分も行くよう促されるもいざ目の前に立たれると目を合わせられないでいた

チラりと見上げるとじっとこちらを見つめている

今日はこんな風にしないのか?と手をバタバタさせる仕草をする逸臣に恥ずかしがりながら携帯に文字を打ち込む

そっと雪の後ろに周り携帯を覗き込む逸臣

その距離にソワソワして手が動かせない
早く打たなければと焦って逸臣の様子を伺うがどうかした?と言うような顔で目が合ってしまう

 

“本当はしたいけれど大学だから…”

 

いつも人との距離が近い逸臣に困惑しながら大急ぎで返事を打つと逸臣はポソッとかわいいなと呟いた

 

口の読み違えでないかと動揺する雪

 

そんなことなんてことないような逸臣はおもむろに腕時計を確認すると飛行機に乗り遅れそうだと言う

Sponsored Links
Sponsored Links

_____”ラオスに行ってくる”

 

じゃあと手を振る逸臣から携帯に届いたメッセージを眺めているとりんが意外と仲良くなってるじゃないと嬉しそうにしている

“もう恋してるって感じだった”

と打ち込まれた文字に雪は憧れだからと慌てて否定する

なんだか昨日と今日の雪は違って見えたよと微笑むりんにそういえば憧れと恋の違いってなんなんだろうと考え込む

 

「雪っ」

 

ねぇねぇというりんの仕草に上を向くと幼馴染の桜志が二階から見下ろしている

 

 

“今の誰?”

 

友達だけどと答える雪に何か言いたげな桜志

友達と思われる男の子が顔を出し何か話しているようだが雪には口の動きが読み取れなかった

“何?”という雪の問いかけに桜志はスルーして去っていってしまった

 

 

 

_____”土産いる?いらない?”

逸臣からのメールを見る雪にやっぱりキラキラしてるよと微笑むりん

 

 

“憧れか恋かは自分で選んでいいんじゃないの”_____

 

 

 

その夜再び逸臣からメールが届いた

 

知らない国 知らない場所 子供たちの笑顔

見たこともない景色の写真に雪は心が踊った

 

“明後日大学へ行く”

 

そのメッセージにもまた雪は枕を胸に抱きしめ心の中で叫ばずにはいられなかった

 

 

 

当日_____

早めの登校

通勤する人たちが多いなか一際目立つ背の高い男性

雪は大きく手を振ると逸臣はおはようと覚えたての手話で挨拶をしてくれる

 

ぎこちないその指先が愛しい

 

これが恋であればいいと願わずにはいられない

 

青に変わった信号で合流した逸臣が手を出してと言う
手を振るように手を向けると逸臣は雪の手を取りラオスの土産を渡した

気に入ったか気に入らないか尋ねてくるが答えずらいなんとも言えない藁の人形に一周回って笑えてきた

 

“はい!気に入りました!”

 

笑顔でふわふわと土産を触る雪をじっと見つめわしゃわしゃと頭を撫でる逸臣

 

 

雪はくすぐっいような嬉しいような____

顔を上げることができなかった

以上、ゆびさきと恋々[2話]「恋々へ」のネタバレでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

ゆびさきと恋々[2話]最新話「恋々へ」の感想

いかがでしたか?( ఠ᎑ఠ )

はぁ〜♡♡
なんだろうかこのこそばゆい感情は。ゆったりとした流れなんだけれども急かすつもりもなくむしろゆっくりどーぞ♡的な感情なんです、わたし。雪はどんどんどんどん惹かれていってますよねー。いっくんは…まぁあの能面なのでなかなか読者も読めない人なんですが、仕草は雪を可愛かているような様子は読み取れますね。

そして何より言葉のない描写でも風景から伝わる気持ちを是非直に見ていただきたい!!

次回のゆびさきと恋々3話は、デザート11月号(9月24日ごろ)に掲載予定です。

以上、ゆびさきと恋々[2話]「恋々へ」の感想でした。

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆