とろけて開いて〈3話〉最新話のネタバレ感想LiQulle(リキューレ)42号最新刊10月1日を無料で読む方法!!

とろけて開いて〈3話〉最新話のネタバレ感想

本記事ではとろけて開いて〈3話〉最新話のネタバレと感想をまとめました!
P
漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)

漫画のネタバレ 感想
漫画の作品一覧(リンク先で過去作品をご覧になれます)あいうえお順

なお、本ネタバレは【文字】のみですので、
女性漫画雑誌「LiQulle(リキューレ)」の最新刊を読みたい場合はFODから読むことをオススメします!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆

Sponsored Links
Sponsored Links

【とろけて開いて〈3話〉最新話のネタバレ】
▶▶▶本編

あの頃の芥川からはいつだって逃げたかった

 

なのになぜ今は自分をそんな憂いた目で見つめるのか───

 

「寂しくなったらいつでも抱いてあげるからね」

 

 

 

 

──────「武田先生の新作勢いが止まらないですねー」

重版が決定している先生の小説は映画化すればもっと売れる
夏目がその交渉の責務を追っているが打ち合わせの最中も上の空だった

彼の名が飛び交うたび首につけられた痕を指でなぞっては昨夜のことが思い起こされる

そういう行為が好きなわけではない
先生のことが好きなんだと自分に言い聞かせる

 

 

自宅へ帰ってから改めて先生へ手紙を書こうとするが何も浮かばない

ふいに伸ばした手の先に例の官能小説が触れる
さらっとめくるページに合わせるように芥川と繋がったときの快楽が呼び起こされた
前だけで終わらせたいのに指が勝手に後ろをかき回す
いつも先生が攻める場所を見つけ出し夏目は達した

余韻に浸る中妄想で抱き寄せたのは芥川だった

 

 

──────「…ですから来月半ばにお願いできたらと…」

夏目は交渉のため先生の自宅を訪れていた
映画化の承諾も正式にもらえたのに夏目は気まずさから逃げ出したい思いだった

重版が決定したことを称えると先生はいつもくれていた手紙はないのかと頬を染める
その姿に芥川とのことや昨夜の自分の醜態が頭を駆け巡った

混乱してつい芥川の名を口にした夏目
一瞬にして先生の表情が凍りつく

 

 

「…会ったのか?」

ギクリとした夏目の様子に何かを察し勢いよく立ち上がると夏目に詰め寄る
首もとの絆創膏にそっと指を添えゆっくりとめくる
チラりと覗かせた内出血に先生は血が上った

夏目を押し倒しわざとらしく残された首の痣を問い詰めた

以上、とろけて開いて〈3話〉のネタバレでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

とろけて開いて〈3話〉最新話の感想

こっわー。
完全に頭に血が上ってしまってます先生!
まぁそれもそうですよね、先生がいながら芥川に抱かれるなんて。
この三角関係の行く末はいかに!!

次回のとろけて開いて4話はLiQulle43号(11月1日ごろ)に掲載予定です。

以上、とろけて開いて〈3話〉の感想でした。

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑

【1カ月間無料なのはアマゾンからの登録のみ!】
☆無料期間中に最大1300ポイント分の漫画や動画を無料で視聴することができます☆