大嶋啓介の学歴と経歴とは?高校野球部へのメンタル強化術と講演会での名言まとめ!

居酒屋「てっぺん」のオーナーで、メンタル強化術のプロと呼ばれている「大嶋啓介」

数々の企業や高校でメンタル強化についての講習会を開き、大嶋啓介の名言に心打たれる方が沢山います。

そこで今回は大嶋啓介の「学歴と経歴」「メンタル強化術」「講習会での名言」をご紹介します!

居酒屋のオーナーがこれまでに成し遂げた数々の奇跡をご覧ください♪

Sponsored Links
Sponsored Links

大嶋啓介の学歴や経歴は?

大嶋啓介の出身中学はどこ?

大嶋啓介の出身中学を調査したのですが、詳しい情報は公表されていませんでした。

しかし中学生時代には野球部に所属し、その時の「悔しい」エピソードがあったのでご紹介します。

大嶋啓介は中学生時代「頭も悪くない」「運動神経も悪くない」、ごく普通の少年だったそうな。

野球部に所属し1年生にも関わらずレギュラーに抜擢されるなど、期待も注目も浴びていた時代でした。

中学2年生になり大嶋啓介は「肘」を故障して、「野球熱」から遠のいていきます。

野球を失った大嶋啓介は次第に、ヤンキーの仲間入りを果たします。

今まで一緒にプレイしていた同級生たちに対して、「なぜあんなにいい子ぶっているの?」とだんだん距離が離れていきます。

その当時の大嶋啓介の気持ちは、「寂しかった」と明かしています。

野球を続けたい気持ちの大きさより、野球ができなくなってしまった自分に悔しさがこみ上げたことでしょう。

進学した高校はどこ?

大嶋啓介は野球に失敗した思いを、高校受験に託しました。

その際に「教師に絶対無理と言われた志望校を受験」したと話しています。

しかしその受験にも失敗し、地元を離れるように名古屋の「名城大学付属高校」に通い始めました!

名城大学付属高校の入試では「学年TOP」という事で、皆に尊敬のまなざしで見されることに。

中学生時代とは大違いなみんなの反応に「気持ちよさ」を感じ始めます。

それからというもの勉強に精を出し、高校生活はかなり充実していたと明かしていました!

人間失敗をしても努力すれば何とかなるという事を証明したからこそ、今の大嶋啓介があるのではないでしょうか。

Sponsored Links
Sponsored Links

大嶋啓介の実績

大嶋啓介は現在「講演会」にとても力を入れていて、高校野球界では「強化研修」を行っています。

2015年~2016年にかけて強化研修を行った学校24校中9校が、甲子園に出場を果たしました!

高校サッカーでは「國學院久我山」が、全国準優勝を果たしています。

企業への講演会だけではなく、高校への講演会もしているのですね!

大嶋啓介の「子供たちに夢を与えたい」という思いが、ひしひしと伝わってきます。

その他にも

・ドリームゲートアワード

・日本朝礼協会の理事長

・「外食アワード」受賞

・NPO法人居酒屋甲子園初代理事長


などの実績があります。

大嶋啓介のメンタル強化術を学びたい!

高校野球のメンタルを変えた「メンタル強化術」とは?

球児達を甲子園へ導いた「強化術」をご紹介します!

大嶋啓介は球児たちを「ポジティブ集団」を呼び、プレーで失敗しても仲間で励まし合うことを実行させました。

メンタルを強化することで、「ピンチでも前を向く気持ちの強さ」を鍛えられることができます。

ただ「前向きに」という気持ちの強さが、球児たちを甲子園へと導いたという事ですね!

自分の弱さと向き合う事で自分が変わる瞬間を実感しながら、今後の人生の設計図も次第に見えてきます。

人は「メンタルの強さ」でピンチを乗り越えることができる、これは大嶋啓介が高校時代に学んだことと一緒です。

大嶋啓介は「昔の自分みたいに自信がない選手が多く、君たちの限界はそんなもんじゃない」と、伝え続けたいと明かしていました。

大嶋啓介講習会での名言特集!

https://www.bing.com/images/search?view=detailV2&id=C62F53439376847C3CBFE55EEB3E9CD3E55A9407&thid=OIP.k8x519fKsUZsCdYetsXhEwHaCt&mediaurl=http%3A%2F%2Fin-shoku.info%2Ffoodfighters%2Fimages%2Fvol420%2Fheader.jpg&exph=261&expw=714&q=%e3%81%a6%e3%81%a3%e3%81%ba%e3%82%93%e3%80%80%e6%9c%9d%e7%a4%bc&selectedindex=5&ajaxhist=0&vt=0&eim=6

・挑戦の先は、成功か学びしかない。失敗とは何もしなかった事、行動しなかった事。そして諦める事」
・大人が変われば子供が変わる。子供が変われば未来が変わる
・経験しなければ何もわからないはず。経験のない人が経験していないことを否定する。そこに納得がいかない。
・やらされていては、絶対に日本一になれません。
・ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨けないと聞いたことがあります。人もまた同じなのではないでしょうか。本気と本気がぶつかり合う事で、魂と魂がぶつかり合う事で、人は輝ける。
・自分ひとりで叶えられる夢なんてありません。
・人間の心理には3匹の鯛が居るというエピソードがあります。まず誰の心にも「認められたいという鯛がいて。同様に「褒められたい」という欲求の鯛がいる。そして、その2つの「タイ」が満たされていくと、最後に現れるのが「お役に立ちたい」という鯛であるという話です。
・才能の差は小さい。行動の差は大きい。断続の差はもっと大きい。

Sponsored Links
Sponsored Links

居酒屋「てっぺん」はどこにあるの?

「てっぺん」で行われる本気の朝礼

2004年に大嶋啓介が設立した居酒屋てっぺんは、「日本を元気にしたい」という思いから産まれた居酒屋です。

大嶋啓介やてっぺんが注目されるようになった理由は、「本気の朝礼」にありました。

2008年頃にメディアに取り上げられた時は、海外からも多くの人がこの朝礼を見ようとこぞっててっぺんに集まりました。

本気の朝礼の動画を見て見みると、熱意が伝わる反面なにやら「宗教」のようにも感じます。

これだけの人が集まって朝礼をしているのですから、宗教に見えても仕方がないような気もします(笑)

他にも宗教と言われている理由は

・代表取締役:師範

・店舗:道場

・研修:修行

のように、宗教を感じさせられる呼び名が付けられていました。

動画を見ても独特の空間だということが分かりますね!

しかし宗教ではなくあくまでも、本気で朝の朝礼をしているだけでした。

居酒屋甲子園とは?批判が殺到!?

居酒屋甲子園とは、全国の居酒屋を元気にしたいという思いを持った同志たちが集まり、外食界の情報を共有する場になります。

大嶋啓介が立ち上げた居酒屋甲子園は、約5000人が集まり自店の取り組みを発表しています。

大嶋啓介が「やりがい搾取」と言われている理由は、この居酒屋甲子園が関係していました。

しかしこの熱意ある人達の裏側では、「労働基準法」に反した最低賃金で働かせられている若者がいます。

店の夢や希望があれば、従業員の時給や労働は二の次なのかという事ですね!

そんな人達からすれば盛り上げようとしている大嶋啓介は、「やりがい搾取」なのではないかという意見が多数ありました。

確かに盛り上がりは大切で、店の繁盛も大切です。

でも従業員がいるからこそ店の回転ができるわけで、従業員のことも考えながら営業しなければなりません。

「時給」「労働」「店の繁盛」どれも大切なので、この問題はとても難しいものだと感じました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大嶋啓介は自分の高校生の時に学んだことを活かして、現代の若者たちや企業に向けて発信しています。

大嶋啓介のような「人の気持ち」「行動」が、分かる人になりたいなと感じました。

今後の大嶋啓介の開発や発信が楽しみですね!