わたしの神は美しい〈5話〉最新話のネタバレ感想 12月10日発売marginal(マージナル)33号の最新刊が無料で読める!

わたしの神は美しい〈5話〉
最新話のネタバレ&感想



本記事では
わたしの神は美しい〈5話〉
最新話のネタバレと感想をまとめました!


漫画の作品一覧
(リンク先で過去作品をご覧になれます)


本ネタバレは【文字】のみ!
女性向け漫画雑誌
「marginal(マージナル)」
の最新刊を読みたい場合は
FODから読むのがオススメ!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴


↑ ↑ ↑


【1カ月間無料なのはアマゾンからのみ】
☆無料期間中になんと!
最大1300ポイント分
漫画や動画を無料視聴することができる☆

是非是非試してみてください!


最新話ネタバレ
わたしの神は美しい〈5話〉


京一と柘榴はあの言い合い以来口を利かないでいた
銀河からは何をやらかしたのかと問われたが柘榴にはこれっぽっちもわからない

それよりも神楽の稽古が煩わしい柘榴にとって懸念すべきは”あの忌まわしい事件”
咎継丸を手にした京一がそうならないかを確認する柘榴に銀河は答えた

自分の珠と一緒じゃなければ咎継丸は発動しないのだと───…

その昔千太郎が咎継丸と珠で豹変した
あのとき初めて皆は珠が人を狂わせるのだと知った
柘榴は刀で刺され千太郎はこの世を去った

銀河はその罪滅ぼしにと考えていたようだが柘榴は違う
力を取り戻せば京一のそばから消えようと考えていた

その頃京一もまた言い合いになったことで柘榴のことを考えていたが突然窓から風が入り柘榴が姿を現した

もうここへは戻らないと柘榴は言う
京一との約束を果たしてこの町を出ると…

柘榴が何か続きを言いかけて智史がドアをノックしそのまま姿を消してしまった

神楽が上手くいくようにと願掛けされた珠を渡す智史
それから数日──────

神楽の稽古でも柘榴と顔を合わすことのないまま祭事当日を迎えた

神楽殿はきらびやかに灯りがともされ町は賑わっていた


以上、わたしの神は美しい〈5話〉
のネタバレでした。


ネタバレ感想
わたしの神は美しい〈5話〉


まもなく奉納神楽が行われようとしています。一大イベントですね。柘榴が懸念していた例の咎継丸と珠の発動の話なんですが…まさかと思って。智史から渡された”神楽が上手くいくようにと願掛けされた珠”って…。怖い怖い!!!千太郎のときと同じ事件が起きるような気がして。違うと願うところなんですが。
そして柘榴がもうここへは戻らないと決意したその真意も気になります。千太郎と重ねることなく純粋に京一を想って、京一もまた柘榴を想っているのに何故?

次回奉納神楽で何かが起こる───!?


以上、わたしの神は美しい〈5話〉
の感想でした。




次回のわたしの神は美しい6話
は、marginal34号(2020年1月10日頃)
に掲載予定です。

チェックしてね!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑


【1カ月間無料なのはアマゾンからのみ】
☆無料期間中になんと!
最大1300ポイント分
漫画や動画を無料視聴することができる☆

是非是非試してみてください!