薔薇色ノ約束〈26話〉最新話のネタバレ感想1月4日発売プレミアチーズ2月号の最新刊が無料で読める!

薔薇色ノ約束〈26話〉
最新話のネタバレ&感想



本記事では
薔薇色ノ約束〈26話〉
最新話のネタバレと感想をまとめました!


漫画の作品一覧
(リンク先で過去作品をご覧になれます)


本ネタバレは【文字】のみ!
女性向け漫画雑誌「プレミアチーズ」
の最新刊を読みたい場合は
FODから読むのがオススメ!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴


↑ ↑ ↑


【1カ月間無料なのはアマゾンからのみ】
☆無料期間中になんと!
最大1300ポイント分
漫画や動画を無料視聴することができる☆

是非是非試してみてください!

Sponsored Links
Sponsored Links


前回のあらすじ・・・


烈の献身的なサポートのかいあって全てを思い出した彩葉。ついに心も身体も結ばれた二人でしたが、不知火家を憎む人間からのメッセージに彩葉は恐怖を抱く…。


最新話ネタバレ
薔薇色ノ約束〈26話〉


不知火家には”お大事に”のメッセージとともに彩葉宛に百合が届けられた

──────

烈は彩葉から拐われた日のことを詳しく尋ねることにした
目隠しをされ犯人の顔は見ていないもののひとりの男の声が”ある人物”に似ていることだけはわかった

その名は三原新之助正しくは”藤堂雪彦”

幼い頃に彩葉を襲い不知火に恨みをもつ者

彩葉はその名前に恐怖を覚え錯乱した
烈は彩葉の身体を気遣いここまでにしようと中止を求めたが彩葉自身がそれを制した

何故あんなことをしたのか
そこまでの恨みとは一体なんなのか───…

──────

元々烈と雪彦は従兄弟同士だった

当時藤堂家は事業が成功し名を挙げていた
ちょうどそのころ別荘にやってきていた烈と雪彦と出会ったのが彩葉だった

ところがある日

藤堂の事業の要でもある船が焼け荷も失い事業はそれを機に傾いていった
当主である雪彦の父親は自殺
借金とともに雪彦と母親は行き場を無くし烈の父親が藤堂の事業を買収さらに母親を後家にするという話も出ていた

当時度重なる藤堂家の不幸に全ては不知火の謀略だと囁く人々もいた
そのことが雪彦の耳に入るのは時間の問題だった

しばらくして不知火に滞在していた雪彦の母親は縁談話が持ち上がるとあっさり雪彦を捨てて出ていった

それから雪彦は変わってしまった
さらに烈が彩葉を奪ったことで雪彦は彩葉を手にかける結果となってしまった

これはあくまでも烈の憶測に過ぎなかったが今となっては雪彦の復讐は不知火より烈から彩葉を奪うことに向いていると烈は確信を持っていた

雪彦の一件が落ち着くまでは一旦挙式を延期しようと提案すると話を聞いていた父親が嘲笑うかのように中止を求めた

雪彦からの恨みなどで怯える花嫁など不要だと言いたいのだ
彩葉を守りたいのなら手放すのが最善ではないかと父親は言う

身を引き不知火を守るのが彩葉の務めではないかと尋ねられた彩葉は選択を迫られた

しかし彩葉の答えはひとつ

ここで逃げればそれこそ不知火の恥
今すぐにでも挙式を挙げ不知火の人間として烈の妻として雪彦を迎え撃つと決めた

さらに彩葉はやられっぱなしは性に合わないと微笑んでみせたのだ

父親は糸が切れたように大いに笑いだした
そして彩葉に好きにするといいそう言って部屋を出ていく

烈は彩葉の強さにいつも驚かされた
けれどそれはいつも烈が側にいてくれるからだった

こうして迎えた式当日

雪彦もまた姿を現し邸を見上げていた

以上、薔薇色ノ約束〈26話〉
のネタバレでした。

Sponsored Links
Sponsored Links


ネタバレ感想
薔薇色ノ約束〈26話〉


ついに雪彦、彩葉を襲った人間が明らかになりましたね。
それでも烈と彩葉の愛はこれまで育んできたように強さを増して雪彦を迎え撃つことを決意しました。色んなことが渦巻いてきましたがこれがラスボス?ではないでしょうか。
雪彦もまた悲しい過去から解放されず囚われて生きてきた人間のひとり。憎むなんてことできませんよね。今回のことが解決すればきっと彼も解放されるのではないかと思っています。
昔交わした指切りげんまん。それは一体誰と?何を誓い約束しあったのか。次回明らかに…。

以上、薔薇色ノ約束〈26話〉
の感想でした。




次回のプレミアチーズ3月号は、
2020年3月5日頃に発売予定です。

チェックしてね!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑


【1カ月間無料なのはアマゾンからのみ】
☆無料期間中になんと!
最大1300ポイント分
漫画や動画を無料視聴することができる☆

是非是非試してみてください!