高嶺と花〈93話〉最新話のネタバレ感想1月20日発売花ゆめ2020年3号の最新刊が無料で読める!


。:+最新話のネタバレ&感想+:。
高嶺と花
〈93話〉



本記事では
2020年3号花ゆめに連載されている
高嶺と花〈93話〉
最新話のネタバレと感想をまとめました!


漫画の作品一覧
(リンク先で過去作品をご覧になれます)


本ネタバレは【文字】のみ!
女性向け漫画雑誌「花ゆめ」
の最新刊を読みたい場合は
FODから読むのがオススメ!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴


↑ ↑ ↑


【1カ月間無料なのはアマゾンからのみ】
☆無料期間中になんと!
最大1300ポイント分
漫画や動画を無料視聴することができる☆

是非是非試してみてください!

Sponsored Links
Sponsored Links

○前回のあらすじ○
花と高嶺のお見合いから始まったお付き合いは順調。いつか高嶺の隣を堂々と歩けるよう出来ることは何でも頑張ろうと決意した花。婚約指輪もプレゼントされ、高嶺の本社役員就任も決定!
…かと思いきや、鷹羽のナンバー2で八雲の母である氷冴世から高嶺との婚約解消を迫られます。花は家族の後押しと共に、それをキッパリと断りますが…!?


○。:+最新話のネタバレ+:。○
高嶺と花
〈93話〉


都内某乗馬クラブで競う高嶺と八雲

八雲は昔の可愛かった高嶺を思い出し高嶺もまた八雲に憧れていた頃を思い出す

互いに嫌味を言い合うも高嶺には確認したいことがあった
鷹羽に興味が無くなったはずの八雲が本社への昇進を買って出たこと

理由などないと言い切る八雲

女帝つまりは母親である氷冴世の命だと
逆らう理由もなく楽な方を選んだだけ
もう高嶺にも花にも手を出す気はない

それが八雲の答えだった

茶化すように去っていく八雲の背中を見送りながら高嶺にはそれが本心と見極めることはまだできず不安が残った

───────

帰宅しようとした高嶺はスマホを確認し氷冴世が野々村家に来た一部始終を知り慌てて帰る

血相を変えて扉を開けた高嶺に対し野々村家の面々はのんびりとこたつでくつろいでいた

このまったりした空気の理由を聞くと花の母いわく自分たちは腹を括ったと言う

もし社会的に抹殺されて日本で生きていけなくなったら海外に行こう
十和子さんが歓迎してくれるっていうからイギリスでもいいと

知り合いがいれば何とかなると言う花をはじめ野々村家はどこまでも真っ直ぐで前向きで高嶺の瞳に何かが光った

それを笑顔で拭いながら高嶺の不安も心配も一緒に拭えたらいいのにと考える花

──────

一方八雲は氷冴世に呼び出されていた

高嶺を確実に鷹羽から追い出すためには花との交際だけでは弱いことから更に落ち度をでっち上げるための指示が出された

ふと考えた八雲はスマホを取り出しある写真を見せる

それは高嶺が花から全裸タップダンスをさせられそうになった写真だった

半裸の高嶺は見方によっては誤解を生む

氷冴世は薄笑みを浮かべ八雲はどこか虚ろな笑顔を見せた

──────

翌日

秘書 霧ヶ崎が慌てて高嶺に駆け寄る

八雲があの画像をスクープ誌にリークした形跡が見つかったことを報告

良からぬ記事に仕立てられる可能性を心配する霧ヶ崎

──────その頃氷冴世はひとりスクープ誌を片手に高笑いをあげる

“鷹羽グループ御曹司・才原高嶺 痴漢だった”の大きな見出し

今日の定例会でこの件を取り上げ本社役員になる前に高嶺を叩き出そうとする氷冴世

一方て高嶺も弁明をしようと急いで向かっていた

定例会で氷冴世は本題の前に見て頂きたいと全員分スクープ誌を配る

だがそこで定例会のメンバーが見た記事は痴漢のそれではなく注目人として高嶺を取り上げた記事

ちょうど来た高嶺に金を積んで注目人記事を書かせたと言う八雲

半裸写真も送りフェイクの痴漢記事を載せた雑誌を1冊だけ作らせて母親を出し抜いたらしい

八雲はこれまで様々な手段を使い高嶺に回りくどいことをしたが高嶺が興味を惹かれたのは善良で平凡な花

もうわざわざ何かしようとは思わないと言う

その時──────

激怒した氷冴世が駆け寄り金切り声で八雲に詰め寄る

扇子でぶとうとする氷冴世を高嶺が制し
ぶったところで思い通りにはならないと吐き捨てた

悔しさを露に氷冴世は背を向け無言で去っていく

お前を殴るべきは自分でもあの母親でもなく野々村家だと高嶺は一言八雲にそう言ってその場を後にする

八雲はやはり気に入らないと呟きながら高嶺の背中を見送った

以上、高嶺と花〈93話〉
のネタバレでした。

Sponsored Links
Sponsored Links


○。:+ネタバレの感想+:。○
高嶺と花
〈93話〉


なんとも純粋な野々村家。花があんな風に真っ直ぐで強く育つわけですよね。高嶺はそんな一家に救われて全面的に戦う意向を示すことができたんだと思います。
一方で氷冴世は歪んだ愛情を八雲に向けて従わせてきました。八雲もまた母親が間違っていると知りつつも裏切ること、歯向かうことができずに従ってきました。そんな彼もようやく正しいことができたのは、どんなに痛い目に遭わせようとも結局花が一番な高嶺と接したからではないでしょうか。本人はバカらしくなったと言っていますが、心が洗われたのではないかと私は理解しています。
もっと違った環境で育てられていたらきっと、二人はいい友達になれていたんだろうなぁと思います。

以上、高嶺と花〈93話〉
の感想でした。




次回の花ゆめ4号は、
2020年2月5日頃に発売予定です。

チェックしてね!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑


【1カ月間無料なのはアマゾンからのみ】
☆無料期間中になんと!
最大1300ポイント分
漫画や動画を無料視聴することができる☆

是非是非試してみてください!