デブとラブと過ちと!〈8話〉最新話のネタバレ感想2月1日発売恋するソワレVol.2の最新刊が無料で読める!


。:+最新話のネタバレ&感想+:。
デブとラブと過ちと!
〈8話〉



本記事では
恋するソワレVol.2に連載されている
デブとラブと過ちと!〈8話〉
最新話のネタバレと感想をまとめました!


漫画の作品一覧
(リンク先で過去作品をご覧になれます)


本ネタバレは【文字】のみ!
女性向け漫画雑誌
「恋するソワレ」
の最新刊を読みたい場合は
FODから読むのがオススメ!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴


↑ ↑ ↑


【1カ月間無料なのはアマゾンからのみ】
☆無料期間中になんと!
最大1300ポイント分
漫画や動画を無料視聴することができる☆

是非是非試してみてください!

Sponsored Links
Sponsored Links

○前回のあらすじ○
台風被害により得意先からのじゃがいもが仕入れできなくなったことで前園と夢子は北海道へ旅立つ。そこで見事落とせなかった農家を落とせた夢子。意外にも前園は夢子に優しく接してくれ、夢子は結城への対応をわきまえるようお願いするも既に手遅れだとひとり呟く前園は…。


○。:+最新話のネタバレ+:。○
デブとラブと過ちと!
〈8話〉


夢子は北海道土産を手にいつもの公園を訪れていた

しかしそこに現れたのは結城の秘書

預かってきたと言われ差し出された手紙には夢子の契約獲得のお陰で忙しくなるため公園にはしばらく行けないと言う
代わりに連絡先が記されていた

思わぬところで結城の連絡先をゲットした夢子は浮かれぎみ
しかしすぐに連絡をしては軽い女だと思われては困ると自分でお預けを食らわせる

────────

会社に到着するなり土産を持った夢子をみんなが出迎える

どうなったか知らない茂森が心配そうに尋ねるも無事に美味しいイモを確保した夢子には全てがうまくいく気しかしない

その根拠のない自信と過剰なまでの自己肯定を羨ましがる茂森は自分も頭を打てば代われるかと呟く

しかしみんなは茂森がアフロだからクッションになって頭を打つことはないだの
そのアフロはハゲ隠しだの勝手にペラペラ

ところが茂森のアフロはなんと地毛だったらしくどうせ自分は山﨑賢人ではないと泣き怒りながら走り去ってしまう

突然何があったのかわならない一行の耳に最近茂森には気になる女の子がいるという情報が入る

管理本部 七瀬萌香

彼女が茂森の意中の人らしくどうやら山﨑賢人のファンだという

髪がサラサラな山﨑賢人の画像を見るなり茂森は玉砕だとバッサリ切られるものの相談を持ちかけられている細川からすれば見捨てられないと嘆く

ここで夢子が仕方がないからひと肌脱ごうと立ち上がる

企画部のヒットメーカーことサンシャイン夢子と名乗る夢子だったが違う意味で有名であることは間違いなかった

夢子はアフロヘアをどう思うかと直球を投げる

七瀬はブルーノマーズのように似合っていれぱいいのではないかと答える
更にタイプはと聞かれ山﨑賢人と結城の名前が上がった瞬間夢子は驚愕

そこへたまたま通りかかった茂森が二人のやりとりを覗き見る一行を見つける

忍び寄ると自分の意中の相手に話しかけている夢子を発見

途端その場から夢子を拉致
何をやってんだと怒る茂森はおしゃべりな細川をにらむ

好きになったきっかけを尋ねる夢子に茂森は経費についての内線だったと答える

仕事のヒントを見つけるため食べ歩いたお店の領収書を見て接待かと聞かれた茂森は全てひとりで行ったと回答

それを仕事熱心だと言ってくれた七瀬に惚れたのだと言う
そうこうしているうちにどんな人か知りたくて管理本部に会いに来たらたまたま山﨑賢人のファンだと知った茂森

しかもあのサラサラヘアが好きだと惚れ惚れする七瀬にショックを受ける

幼少時代から散々からかわれパーマということにしてきたアフロ
だから七瀬とは内線だけの関係でいいのだと切なげに話す茂森に夢子は昔の自分を重ねた

“可能性はゼロじゃない”

アフロも似合っていればいいのではないかと七瀬が言っていたと告げる夢子

翌日──────

領収書のことで七瀬が茂森を訪ねてきた

ちょうど外出から戻った茂森をみて皆が驚愕した

じゃらじゃらとネックレスや指輪を付けた茂森は何を勘違いしたのかブルーノマーズになりきっていた

日付のない領収書について聞きにきただけだったのにその店のバーテンの女の子にロックオンされて困ったと調子に乗る茂森に思っていた人と違ったと悲しそうな表情で去っていく七瀬

残念だと吐き捨てられ茂森はついにハサミでアフロに手をかけた

慌てて皆が止めに入るなか取り乱す茂森のホホヲ夢子はバチンと叩いた

別の誰かになる必要なんてない
茂森は茂森のままで
その髪は茂森のチャームポイントなのだからと微笑む

茂森は意を決して七瀬のもとへと急いだ

先ほどの無礼と領収書の説明を終えると七瀬への想いを告げる

しかし自分は山﨑賢人のようなサラサラへアではないからと申し訳なさそうに話す茂森に七瀬は触ってみたいと手を伸ばす

優しく撫でられ恥ずかしさと気持ちよさで震える茂森

七瀬は実は自分も茂森のことが気になっていたのだと明かす
こうして二人は食事にいく約束をした

そんな二人を涙ながらに見守る一行を鬼の形相で睨み付ける前園が背後に立っていた

───────

自分らしく素直になった茂森を見て夢子は結城に連絡することを決意したのだった

以上、デブとラブと過ちと!〈8話〉
のネタバレでした。

Sponsored Links
Sponsored Links


○。:+ネタバレの感想+:。○
デブとラブと過ちと!
〈8話〉


茂森ばんざーーい!!
良かった、良かった本当に良かった!!彼を応援しない人がいますか!!しかも七瀬さんめちゃくちゃいい子じゃないですかー。めっちゃお似合いです。
一方で夢子が茂森の目を覚まさせる一言には痺れましたね~。
“別の誰かになる必要なんてない!”ねっ。
以前の夢子に聞かしてやりたいですね。そんな中少し心配なのは結城です。なんだか少しずつ夢子と結城の距離も縮まってきている気がして逆にそれが怖かったりします。彼の本性も気になるところですが、それは追々☆

以上、デブとラブと過ちと!〈8話〉
の感想でした。


次回の恋するソワレVol.3は、
2020年3月1日頃に発売予定です。

チェックしてね!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑


【1カ月間無料なのはアマゾンからのみ】
☆無料期間中になんと!
最大1300ポイント分
漫画や動画を無料視聴することができる☆

是非是非試してみてください!