線は、僕を描く〈31話〉最新話のネタバレ感想2月5日発売週間少年マガジンNo.10の最新刊が無料で読める!


◆+最新話のネタバレ&感想+◆
線は、僕を描く
〈31話〉



本記事では
週間少年マガジンNo.10
に連載されている
線は、僕を描く〈31話〉
最新話のネタバレと感想をまとめました!


漫画の作品一覧
(リンク先で過去作品をご覧になれます)


本ネタバレは【文字】のみ!
女性向け漫画雑誌「週間少年マガジン」
の最新刊を読みたい場合は
FODから読むのがオススメ!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴


↑ ↑ ↑


【1カ月間無料なのはアマゾンからのみ】
☆無料期間中になんと!
最大1300ポイント分
漫画や動画を無料視聴することができる☆

是非是非試してみてください!

Sponsored Links
Sponsored Links

◆前回のあらすじ◆
湖山賞を賭けた決着、結果千瑛が授賞した。最初から予期していた霜介は心から拍手を贈る。
会場を後にした霜介がアナウンスで名を呼ばれるがまま戻るとそこには自分の菊の絵と共に”翠山賞”の文字があって…!?


◆+最新話のネタバレ+◆
線は、僕を描く
〈31話〉


告げられた自分の表彰式に驚きを隠せない霜介

それは千瑛も同様だった

戸惑う霜介の前に翠山が姿を現した
“これだ”という作品に出会ったら特別賞を出してほしいと以前から言われていたと告げる翠山

この霜介の絵を披露するにはこの壇上が相応しいと考えたという

そうして姿を現した命──────

千瑛は驚愕した
そして会場も静まり返った

翠山はマイクをとり今回は接戦だったと明かす
千瑛と霜介どちらに大賞を与えるか悩みに悩んだ結果だった言う

こうして霜介に特別賞てある翠山賞が贈られた

恐縮している霜介に一番に拍手を贈ったのは千瑛だった
その瞬間会場からも一斉に拍手が贈られた

自分ひとりの力ではなかった
色んな手本があってあらゆる出会いがきっかけだった

それでも君の想いは伝わっていると湖山は微笑む

霜介は賞を受け取りながら涙した

そして千瑛も壇上に招かれ二人は握手を交わした

以上、線は、僕を描く〈31話〉
のネタバレでした。

Sponsored Links
Sponsored Links


◆+ネタバレの感想+◆
線は、僕を描く
〈31話〉


感動的な瞬間でした。
霜介の描いた菊はこれまで明かされてきませんでしたが、ようやくお目にかかることができました。この絵を見た瞬間の千瑛の表情には感極まるものがありました。そして湖山先生の言葉や霜介の涙…。感動です。
次回ついに最終回!

以上、線は、僕を描く〈31話〉
の感想でした。




次回の週間少年マガジンNo.11は、
2020年2月12日頃に発売予定です。

チェックしてね!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑


【1カ月間無料なのはアマゾンからのみ】
☆無料期間中になんと!
最大1300ポイント分
漫画や動画を無料視聴することができる☆

是非是非試してみてください!