PとJK〈62話最終回〉最新話のネタバレ感想2月13日発売別冊フレンド3月号の最新刊が無料で読める!

PとJK〈62話〉
最新話のネタバレ&感想



本記事では
別冊フレンド3月号に連載されている
PとJK〈62話〉
最新話のネタバレと感想をまとめました!


漫画の作品一覧
(リンク先で過去作品をご覧になれます)


本ネタバレは【文字】のみ!
女性向け漫画雑誌「別冊フレンド」
の最新刊を読みたい場合は
FODから読むのがオススメ!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴


↑ ↑ ↑


【1カ月間無料なのはアマゾンからのみ】
☆無料期間中になんと!
最大1300ポイント分
漫画や動画を無料視聴することができる☆

是非是非試してみてください!



前回のあらすじ・・・


ちい先生との辛い過去を終わらせた功太。
それから月日があっという間に過ぎてカコたちは卒業式を迎えた。
そしてついにクライマックス!


最新話ネタバレ
PとJK〈62話〉


1年後─────…

カコと功太は結婚式を迎えていた

ウェディングドレスの支度か済んだカコのもとへ訪れた功太はその美しさに見惚れる

プランナーが席を外すと同時にカコは今更ながら自分のことが好きかと尋ねる

これまで聞いたことがないと言うカコに自分で驚きを隠せない功太は真っ赤な顔を隠し
すようにそっとカコの耳元で囁いた

更に数ヵ月後──────…

唯がとうとう大神家の養子となることが決まった

平ちゃんはようやく家族になれるような気がすると安堵と幸せそうに呟いた

その頃功太は愛娘の育児に追われていた

まもなく職場復帰するカコのサポートになればと警務課に異動願を出している

せっかくの刑事課にいけたのにと心配する姉だったが警察官であることには変わりはない功太にとってどこへ行っても誇りだと言う

そんな中家族で訪れた佐賀野家の墓参り

目の前で愛娘が転んで泣く姿に代わってやれたらどんなにいいかと抱き締めた瞬間功太は亡き父の真意を悟る

ようやく出口が見えた気がすると墓に向かって功太は囁いた

カコからは刑事が夢だったのに後悔はないのかと尋ねられた功太は夢だったわけではなく父親が歩むはずだった道を行かなければならないのだと勝手に思い込んできたのだと告げる

けれどもっと見たい景色ができてしまったからこれで良かったのだと微笑む

これからもよろしくと互いに頭を下げた

家族三人で手をとり温かい我が家へと帰るのだった

以上、PとJK〈62話〉
のネタバレでした。



ネタバレ感想
PとJK〈62話〉


とうとう最終回を迎えてしまいました。始まった当初はこんなに続くと思っていなかったし、ましてや結構想いストーリー展開だったと思うんですが予想もしていませんでした。その功太の辛い過去がこうして終わりを遂げたことによって本編も最終回を迎えるぐらいそこが重点だったのだと思います。
始まり動揺、明るく温かい最後となりました。
改めて最初から読み返したいですね。

以上、PとJK〈62話〉
の感想でした。




次回の別冊フレンド4月号は、
2020年3月13日頃に発売予定です。

チェックしてね!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑


【1カ月間無料なのはアマゾンからのみ】
☆無料期間中になんと!
最大1300ポイント分
漫画や動画を無料視聴することができる☆

是非是非試してみてください!