整形シンデレラ〈23話〉最新話のネタバレ感想3月7日発売恋するソワレVol.3の最新刊が無料で読める!


。:+最新話のネタバレ&感想+:。
整形シンデレラ
〈23話〉



本記事では
恋するソワレVol.3に連載されている
整形シンデレラ〈23話〉
最新話のネタバレと感想をまとめました!


漫画の作品一覧
(リンク先で過去作品をご覧になれます)


本ネタバレは【文字】のみ!
女性向け漫画雑誌
「恋するソワレ」
の最新刊を読みたい場合は
FODから読むのがオススメ!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴


↑ ↑ ↑


【1カ月間無料なのはアマゾンからのみ】
☆無料期間中になんと!
最大1300ポイント分
漫画や動画を無料視聴することができる☆

是非是非試してみてください!

Sponsored Links
Sponsored Links

○前回のあらすじ○
失恋の傷を抱えた凜は寺島に連れられホストクラブへ。しかし店内で失礼な発言をしてしまった凜はホスト安吾に怒られやむなく退店。
後日林に紹介してもらうことになった男性と会うため待ち合わせ場所でひとり緊張する凜。ところがようやく前向きになろうと踏み出した凜の前に現れたのは例のホスト安吾で…!?


○。:+最新話のネタバレ+:。○
整形シンデレラ
〈23話〉


ホストクラブの安吾こと優吾は林の紹介したい相手が凛と知って態度が豹変

それもそのはずホストクラブでは店にきておいて引いてます的な態度が勘に触ったのだ

いくら見てくれを変えても性格がブスな女は最悪だとまで言われ凛も黙ってはいられない

確かに自分も悪かったかもしれないけれどあれはそもそもSAKUYAというホストがパーソナルスペースに踏み込んできたのがきっかけだった

それを嫌がる一定数の客だっているはず
ニーズに合わせてサービスを提供するのがプロではないかと反論

二人のキャットファイトを林は微笑ましく観察している

ところが優吾の一言で凛は一変

接客うんぬんの文句は当人にするとして店に来ておいて自分は興味ないです的な態度に優吾は腹を立てていた

それを楽しみに店にきている人のことは考えず”自分には必要ない”と周りを見下している

それは本当の客に失礼だと優吾は言う

違う
見下すつもりなんてない

そう言いたいのに言いきれない凛は気付いた

ホストに対して距離を取り自分を陥れる人種だとレッテルを貼り付けた

周りの客に対してこういう人間がホストクラブにハマるのだと決めつけた

無意識に全員をジャッジして劣等感を抱きながら自分は確かに彼らを見下していたと─────…

黙りこむ凛に何か言いたいことがあるなら言えよと顔を覗きこむ優吾だったが直後凛が申し訳ありませんと頭を下げた

自分のしたことがどれだけ恥ずかしいことだったか優吾に言ってもらえて自覚したと謝罪

優吾は返す言葉もなかった

凛は林にも謝罪しお金を置いて店を後にした

残された優吾はどうせしおらしい振りをして舌を出しているに違いないと思ったが本当は凛の素直な態度に罪悪感を抱かずにはいられなかった

それを見抜いていた林は帰りの電車は反省会だねと微笑むのだった

翌日────────

カウンターで何か話しているのが気になった優吾が顔を出すと店に凛が来ていた

どうやらSAKUYAを探している

先週辞めたと知り落ち込む凛のかたわらに紙袋を発見

優吾に言われてお詫びをしようと菓子折を持って謝罪にきたという凛に優吾は大爆笑

店の誰もが驚いていた

林の言う通り本当にお前はいい子かもねと呟く凛にサイレンが鳴る

そもそもチョロくて面食いで男に耐性のない凛には優吾のその囁きは危険信号だった

以上、整形シンデレラ〈23話〉
のネタバレでした。

Sponsored Links
Sponsored Links


○。:+ネタバレの感想+:。○
整形シンデレラ
〈23話〉


いいじゃないの~♡♡♡
凛と優吾、いいじゃないの~♡♡ありですありです。
まだまだ恋に発展する気配はないものの、ホストクラブで働いていることで人のみる目は培ってきたであろう優吾からすれば凛は純粋無垢だとわかるはず。一方男に耐性のない凛にとって始めりはあれでも、叱ってくれたり物事はっきり言ってくれる人のほうが信頼できますよねー。
あー楽しみ♡♡♡

以上、整形シンデレラ〈23話〉
の感想でした。


次回の恋するソワレVol.4は、
2020年4月5日頃に発売予定です。

チェックしてね!

☆今から1ヶ月間無料視聴する☆
↓ ↓ ↓

FODが1ヶ月間無料視聴

      ↑ ↑ ↑


【1カ月間無料なのはアマゾンからのみ】
☆無料期間中になんと!
最大1300ポイント分
漫画や動画を無料視聴することができる☆

是非是非試してみてください!